日記

kibacoの漢方茶 〜体質に合わせたブレンド〜

今回は、kibacoでお出ししている漢方茶について書きたいと思います。

kibacoでは、セッションの終わりに、漢方薬に使われる生薬・薬草を、お客さまの体質・症状に合わせてお茶とブレンドした漢方茶をお出ししています。

漢方茶は、施術=カラダの外側からの働きかけに加えて、カラダがより良く変わっていけるように、そして自己治癒力がより良く発揮されるように、カラダの内側から働きかけるものです。

生体エネルギーである「気」が不足して元気のない方には、気を補う素材を。気の巡りがとどこおっている方には気の巡りを助ける素材を。気血水それぞれの状態に応じて、その方にぴったりの組み合わせでブレンドをします。

そもそも、なぜ施術者の僕が漢方茶を勉強してお客さまに提供しようと思ったかと言うと…セッションの効果を高められることに加えて、漢方茶を入り口にしてお客様に「日々の養生・日常におけるセルフケア」の大切さを知ってもらうキッカケになるかもしれない、と考えたからです。

kibacoでは、施術はお客さまのカラダや心の状態を改善する大きなきっかけになるものを捉えています。一方で、お客さま自身の毎日の習慣や行動も、お客様のカラダと心の状態に大きく影響します。自分のカラダと心の状態に目を向けて、無理なく体質改善への意識を高めてもらうにはどうしたらいいか、と考えたときに、自分のカラダと心にぴったりの漢方茶を飲む、ということは、体質をゆるやかに変えるだけでなく、お茶を通して自分の体質をより理解して、意識することでもある、と思ったことが始まりです。

そして、その漢方茶をまずは気軽に試してもらえるように考えたのが、「セルフケアのための14日ぶんの漢方茶、二週漢(にしゅうかん)」です。「元気・あたため・巡り・お肌・安眠」のテーマでブレンドしているので、漢方茶を試してみたい方、漢方茶をギフトとして贈りたい方におすすめしたいと思っています。

kibacoでのセッションや体質相談をご利用いただいたお客さまには、体質や症状に合わせたオリジナルブレンドをお出しします。ブレンドがお客さまにフィットするようでしたら、二週間分をご購入いただくことも可能です。

僕自身は、胃腸が強くなく、気(エネルギー)が不足しがちな体質なので、普段は「二週漢」の「元気ブレンド」を基本に、その時の体調や気分に合わせて素材を足したり変えたりしています。簡単にアレンジできるのも楽しいし、気に入っています。実際、漢方茶を飲んでいるとお腹の調子が改善されますし、ご飯を食べた後に眠くなりにくくなるのが不思議です。

漢方茶の良い所は、簡単に楽しめて、ゆるやかに体質改善できるところです。kibacoでのセッションと合わせて生活に取り入れていただくと、毎日自分のカラダと心に働きかけることができて、楽しみながら調子をよくしていっていただけると思います。

kibacoでは、「お客様の『より良い』をともに探す」ことを大切にしたいと思っています。
毎回のセッションでお客様とコミュニケーションを取っていくなかで、その方のより細部に至る「ちょうどいい」を一緒に探しながら、改善の歩みをともに進めるパートナーでありたいと思います。

そして、kibacoでのサービスを通じて、自分のカラダの声に耳を傾けることへの興味を深めていただけたら嬉しいです。心身の「今」に気づき、そのあり方を考えることこそ、本当の「内」からの働きかけとも言えるのではないでしょうか。自分の気持ちとカラダの状態を感じ取り、自分でケアする。そして時々、メンテナンスのためにkibacoに来ていただきたいと思います。

漢方茶

お盆も営業いたします

kibacoでは、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染対策を万全に行いながら、8月11日〜15日も通常通り営業いたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

7月11日(土)はお休みさせていただきます。

7月11日の土曜日は、勉強会に参加するため、営業をお休みさせていただきます。
学びを深めて、皆さまへの施術に活かします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

kibaco
小牧

体質相談と漢方茶ブレンド、はじめました

梅雨の中休み、急に暑くなりましたね。気温差が大きいと、自律神経が乱れて調子を崩しがちですが、気血水の巡りを整えて健やかに梅雨を乗り切りましょう!

kibacoより「セルフケアのための14日間ぶんの漢方茶 二週漢」を発表して以来、嬉しいことにお問い合わせをたくさんいただいております。新型コロナウイルスの影響で社会が混乱するなか、おうちで過ごす時間を大切にされる方、自分の健康への意識・興味が高まった方が増えているからではないかと感じています。

また、お客さまの症状・体質に合わせてブレンドするオリジナルの漢方茶についてのお問い合わせもたくさんいただきました。お客様ごとのオリジナルブレンドは、通常はkibacoの「全身調整のためのセッション」の終わりにお出ししているものですが、「まずは漢方茶を普段の生活に取り入れたい」「自分にぴったりの漢方茶を飲みたい」というご要望にお応えして、施術はせずに、「体質相談」と「漢方茶のブレンド」のみを行うメニューをはじめることにしました。

自分がどんな体質かを知っていただいた上で、日々の過ごし方に目を向けるきっかけにして頂けたら嬉しいです。

▶︎kibacoの「体質相談と漢方茶ブレンド」
気になる症状・体質や、普段の過ごし方についてのお話をじっくり伺い、脈や姿勢などを確認した上で、体質・症状に合わせた漢方茶(2週間分、約70g)をブレンドしてお渡しします。また、簡単な運動やストレッチ、日々の過ごし方についてのアドバイスもお伝えします。
ブレンドした漢方茶がご自身にフィットすると思われたら、継続してご購入いただけます(税抜2,500円)。

初回
1回 約30分~45分
5,000円(税抜)
料金には漢方茶2週間分が含まれます。

2回目以降
以前に漢方茶のブレンドをご購入いただいた方は、前回の漢方茶の感想を伺い、体質・症状の変化に応じて素材を追加・変更したブレンド(2週間分、約70g)をお渡しします。

1回 約15分~30分
4,000円(税抜)
料金には漢方茶2週間分が含まれます。
(前回の体質相談から二ヶ月以上経過している場合は、改めてしっかりお話を伺いますので、初回扱いとさせていただきます。)

メニューの内容、料金については、kibacoのウェブサイトの「メニュー・料金」のページからもご覧頂けます。

メニュー・料金

漢方茶 〜ゆるやかな体質改善〜

こんにちは。6月になりましたね。気温と湿度が上がり、夏が近づいてきた感じです。

今回は、kibacoでお出ししている漢方茶について書きたいと思います。

 

kibacoでは、セッションの終わりに、漢方薬に使われる生薬・薬草を、その方の体質・症状に合わせてお茶とブレンドした漢方茶をお出ししています。

漢方茶はセッションにおける施術、つまりカラダの外側からの働きかけに加えて、カラダがより良く変わっていけるように、そして自己治癒力がより良く発揮されるように、カラダの内側から働きかけるものです。

施術においては、普段の生活やカラダの調子についてのお話を伺い、実際に脈やツボの状態、筋肉の緊張状態なども見た上で内容を決めていきますが、施術の後にはその全部を踏まえて、その方にあったブレンドを決めて漢方茶をお出しします。

生体エネルギーである「気」が不足して元気のない方には、気を補う素材を。気の巡りがとどこおっている方には気の巡りを助ける素材を。気血水それぞれの状態に応じて、その方にぴったりの組み合わせでブレンドをします。

 

そもそも、なぜ施術者の僕が漢方茶を勉強してお客さまに提供しようと思ったかと言うと…セッションの効果を高められることに加えて、漢方茶を入り口にしてお客様に「日々の養生・日常におけるセルフケア」の大切さを知ってもらうキッカケになるかもしれない、と考えたらです。

施術はお客様のカラダや心の状態を改善するのに、とても大きな役割を果たします。一方で、お客様自身の毎日の習慣や行動も、お客様のカラダと心の状態に大きく影響します。自分のカラダと心にぴったりの漢方茶を飲む、ということは、体質をゆるやかに変えるだけでなく、お茶を通して自分の体質をより理解して、意識することでもあると思います。

そして、その漢方茶をまずは気軽に試してもらえるように考えたのが、「セルフケアのための14日ぶんの漢方茶、二週漢(にしゅうかん)」です。「元気・あたため・巡り・お肌・安眠」のテーマでブレンドしているので、漢方茶を試してみたい方、漢方茶をギフトとして贈りたい方におすすめしたいと思っています。

僕自身は、胃腸が強くなく、気(エネルギー)が不足しがちな体質なので、普段は「二週漢」の「元気ブレンド」を飲みながら、その時の体調や気分に合わせて素材を足したり変えたりしています。簡単にアレンジできるのも楽しいし、気に入っています。実際、漢方茶を飲んでいるとお腹の調子が改善されますし、ご飯を食べた後に眠くなりにくくなるのが不思議です。

 

漢方茶の良い所は、簡単に楽しめて、ゆるやかに体質改善できるところです。kibacoでのセッションと合わせて生活に取り入れていただくと、毎日自分のカラダと心に働きかけることができて、楽しみながら調子をよくしていっていただけると思います。

kibacoでは、「お客様の『より良い』をともに探す」ことを大切にしたいと思っています。

毎回のセッションでお客様とコミュニケーションを取っていくなかで、その方のより細部に至る「ちょうどいい」を一緒に探しながら、改善の歩みをともに進めるパートナーでありたいと思います。

そして、kibacoでのサービスを通じて、自分のカラダの声に耳を傾けることへの興味を深めていただけたら嬉しいです。心身の「今」に気づき、そのあり方を考えることこそ、本当の「内」からの働きかけとも言えるのではないでしょうか。自分の気持ちとカラダの状態を感じ取り、自分でケアする。そして時々、メンテナンスのためにkibacoに来ていただきたいと思います。

通常営業再開のお知らせ

おはようございます。

神奈川県も緊急事態宣言が解除されました。

緊急事態宣言発令中も、施術や漢方茶のお問い合わせをたくさんいただきありがとうございました。この一ヶ月半、だんだんと季節が変わっていく中、僕はお店の前の芝生の雑草を抜くのが日課になり、朝芝生の上をウロウロと歩き回る時間がリラックスできて気に入っています。

 

さて、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ安心して過ごせる状況ではありませんが…kibacoもこの状況下で頑張ってこられた方々のカラダと心のケアのために少しでも役に立てればと考え、通常の営業を再開することにしました。

新規のお客様も受付いたしますので、メール、LINE、電話にてお問い合わせください。

 

お店における衛生管理については、下記の通り、新型コロナウイルス対策として実施していたものを継続して行い、感染リスクの抑制に努めます。

◯施術者のマスク着用・手指消毒と、施術後の施設の消毒作業の徹底

◯定期的な室内の換気

◯お客様へのご来店時の手指消毒のお願い

◯施術者の定期的な体温計測、手洗い・うがいの徹底と体調管理

◯お客様にコロナウイルスを疑う症状が少しでもある場合はご来店を控えていただく

今後もこの状況は続くと思いますが、健康であることの大切さや自分の心とカラダに改めて目を向ける機会でもあると思っています。ご自身の健やかな毎日のためにできることを探してみてください。

緊急事態宣言の延長を受けて、営業についてのお知らせ

新型コロナウイルスに関わる緊急事態宣言が5月31日まで延長されることが決定しましたので、kibacoも5月31日までは引き続き、継続治療のお客様のみの受付とさせていただきます。

漢方茶については、ブレンドの際の衛生管理を徹底した上で、提供を再開いたします。

今後も政府と神奈川県の発表を確認しながら、何らかの変更がありましたらkibacoのウェブサイト、SNSなどでお知らせいたします。

ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

手をつくるということ 〜施術前のこだわり〜

こんにちは。

緊急事態宣言を受けて、外出の自粛をされている方も多いと思います。先が見えない状況で、心身ともに負荷がかかりますが、目の前のことにじっくりと取り組みたいと思っているこの頃です。

 

今回は、僕が施術の際に大切にしている、「手をつくる」ということについて書きたいと思います。

施術に関するこだわりはたくさんあるので、書き始めるときっといつまでたっても終わらないのですが…「手をつくる」のは施術をする前のことです。

 

「手をつくる」とはどういうことかと言うと、僕の「普段の生活をしている手」や、「事務仕事をしている手」を、「施術をするための手」に変える、という意味です。「さあ施術するぞ」というメンタル面でのスイッチでもありますが、それ以上に重要なのが、「手の感覚を高める」こと、そして「手に意識を向ける」ことです。

人間の手は、とてもとても繊細なセンサーです。ツボに現れるわずかな気の詰まり、それが緩んでいく感じ、人によって違う筋肉の張りなどを感じ取るために、施術者は最大限にその感覚を活用します。そして、手で感じながら、今までの施術者として積み重ねた経験と照らし合わせつつ、その方の状態を見極めていきます。

やり方は簡単です。ハンドクリームを塗るような要領で、手全体を刺激するだけです。

手のひらをこすり合わせて、それぞれの指をひねりながら指先までつまむ、ということを丁寧に何度か繰り返します。

これをやるだけで、手先の気の巡りがよくなり、指先の感覚がクリアになります。また手の血流が増えて温かくなります。

 

施術者の間では、指先の感覚の訓練方法は色々と話題に上ります。本のページに髪の毛を挟み、一枚ページをめくって紙の上から触り、髪の毛の感触を確かめたらもう一枚ページをめくり、髪の毛の上に何枚ページが載っても髪の毛を感じられるか…とか、ポケットのなかでコインを触って、その種類を当てられるか、とか…。

トレーニングももちろん大切ですが、僕は毎回の施術で、指先の感覚をしっかりと感じようとしていれば、自然と感じられる、と思っています。

 

そしてこれは、カラダの他の部分にも当てはまることです。手でやったように、カラダの一部に意識を集中すると、その部分がいまどうなっているかを感じられます。これは、実はとても大切なことだと思います。

現代では、心と対照的なものとして、カラダは物質的な道具のようなものとして扱っている側面があると思いますが、自分のカラダを、「心とつながる、繊細な感覚をもつもの」として見つめ直すと、本当に色々なことが見えてきます。お腹のなかで腸が動いている感覚、重いものを持った後の腕の重だるい感覚、よく寝た日の朝の、目がパッチリ開く感覚。

こういう感覚を大切にして、自分のカラダ、自分という存在に興味を持つと、自分の調子が分かるようになります。今日は首の右側に違和感があるな、とか少し下半身が疲れているな、とか。施術を受けているときも、押されたところが固いのか、緩んでいるのか、気持ちいいのかイヤな痛みがあるのか、自分のカラダがどう感じているかに目を向けてみていただきたいと思います。自分の状態に気づくと、必要なことを正しく行えるのでセルフケアの効果も倍増します。

結果として、お客様が自分のカラダと心の「今」を感じて、自分でも必要なケアをしつつ、ときどきのメンテナンスにkibacoに来ていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。kibacoでは、より良い毎日が送れるカラダと心をお客様と一緒につくりたいと考えています。

ツボ押し 〜おうちで簡単にできるセルフケア〜

こんにちは。こんな時ですが…葉山はいいお天気です。お店のそばをリスがのんびり歩いています。

これまでも様々な活動を自粛してきた方が多いと思いますが、緊急事態宣言を受けて、今後も家にこもる時間が増えそうですね。外での活動が減ると、カラダを動かす機会が減るのはもちろん、心もふさぎがちになります。おうちの中でも適度にカラダを動かして、気血水をしっかりと巡らせることがとても大切です。心とカラダの健康のために、自分に合ったセルフケアを見つけていただけたら嬉しいです。

kibacoでも、おうちでできるセルフケアについての情報を、一層積極的に発信していきたいと考えています。

 

そこで今回は、おうちでできる簡単なセルフケア、ツボ押しについて書きたいと思います。

「ツボ押し」ですから、ツボを押すだけです。とても簡単ですが、なかなか奥が深いものです。ツボについて、ツボ押しの仕組みについて簡単に説明した上で、いくつかのツボを紹介していきますね。

【ツボとは】

そもそもツボとは、生きるためのエネルギーである「気」の通り道=経絡(けいらく)の上にある、気の出入り口である「経穴(けいけつ)」と呼ばれる点のことです。このツボを刺激することで、気血水の巡りを調整し、カラダの自己治癒力を引き出して健康を保つ、ということが大昔の中国で考え出され、現在まで受け継がれてきました。

現代では、皮膚に刺激を与えると神経を通じて脳まで信号が届き、押した部分の周りの血流が増えたり、自律神経のバランスが取られたりすることで痛みが緩和する他、色々な良い効果がある、という考え方がありますが、完全に仕組みが解明されている訳ではありません。不思議ですね…。

ツボへの刺激方法は、「ツボ押し=指圧」の他に、「鍼(はり)」と「お灸」もあります。鍼は専門的な知識と技術が必要なのでセルフケアには向きませんが、お灸は火の扱いとヤケドに注意すればとてもおすすめなので、また別の機会に紹介しますね。

【ツボの見つけ方】

さて、次はツボの見つけ方です。一般的にツボと呼ばれる場所の特徴は…

◯押すと他の所より気持ちいい、または痛みが強い

◯コリッとした「しこり」がある、少しふくらみ・へこみがある

◯筋肉が凝っている・張っている

◯重だるい、またはむくみがある

などだと言われています。

ツボの場所は「カラダのこの部分」というのが細かく決まっていますが、大切なのは触った時の感覚でココだ!と思える場所を見つけることです。難しく考えず、自分の感覚で探してみてください。

【ツボの押し方】

そして、ツボの押し方は、ちょっとしたコツがあります。押す向きは皮膚に垂直に、押す強さは少し強め、少し痛いけど気持ち良いくらいです。ただし、イヤな痛みがある場合は力を弱めてください。押すツボを見つけたら、ググッとゆっくり押し込んで、5秒とめます。5秒経ったら、スーッとゆっくり離して、また5秒押します。3回押したら、反対側(ツボはカラダの左右両側同じ位置にあります)のツボも同じように押しましょう。

押すときは、息を止めず、リラックスしながら押してくださいね。

【ツボ押しの注意点】

ツボ押しに際して、注意点が一つあります。ぶつけたり挫いたりして、腫れて熱を持っている部分や、怪我をしている所、肌がかぶれている所などは押さないよう注意してください。

 

【ツボ押しの実践】

では、実際にいくつかのツボを探して押してみましょう。

①肩こりには…

肩井(けんせい)というツボです。肩こりのツボとして有名で、全身の血行を良くする効果も。

場所:肩の上。首を前に倒した時に、首の後ろの付け根に突き出す骨(第七頸椎)と肩の端の骨の突起(肩峰)を結んだ線の中間あたり。

②イライラには…

労宮(ろうきゅう)というツボです。心を落ち着ける効果があると言われています。

場所:手のひらのほぼ真ん中。手を握った時に薬指の先が触れるところ。

③胃腸の不調には…

足三里(あしさんり)というツボです。胃腸の動きを調整するとともに、歩き疲れにも効くツボです。

場所:膝の皿の外側下端からすねに沿って爪先方向に指四本分くらい下。

 

いかがでしたか?その他、色々な症状に対応するツボがたくさんあります。

今後、kibacoのTwitter (https://twitter.com/kibaco1)でも色々な症状に対応したツボを順次紹介していきますので、お楽しみに。

今は大変な時期ですが、ツボ押しやその他の自分に合ったセルフケアを活用して、心とカラダを軽やかに保ち、世界が落ち着くのをゆったり構えて待ちましょう。

世界が落ち着いたら…皆さまのセルフケアとkibacoでのセッションを組み合わせて、健やかで幸せな毎日をお手伝いしたいと願っています。

緊急事態宣言発令中の営業について

新型コロナウイルスの影響で、ついに政府が緊急事態宣言を出しましたね。

医療関係、運送業、スーパーの方など、こんな状況のなかで仕事をしてくださっている方々には本当に感謝しています。

kibacoは、緊急事態宣言の出ている間(当面は5月6日まで)、新規のお客様の受付を停止させていただき、継続治療のお客様のみ受付いたします。また、念のため漢方茶の提供も一旦停止させていただきます。

この社会状況の中、お客様の感染リスクを減らすためには営業を取りやめることも考え、本当に悩みましたが、こんな時だからこそ地域の方の役に立てることもあるかも知れない、と考え、このような形に落ちつきました。

kibacoでは問診を大切にしていますので、新規のお客様は特にたくさんお話を伺いますし、滞在時間も長くなります。そのため、万が一の感染リスクを考え、継続治療のお客様のみの受付とさせていただきました。

継続治療のお客様については、ある程度その方について、そしてカラダの状態を把握していますので、事前にご連絡をいただき、症状を伺った上でセッションを行います。

営業中の衛生管理については、下記のように考えています。

◯施術者のマスク着用・手指消毒と、施術後の施設の消毒作業の徹底

◯定期的な室内の換気

◯お客様へのご来店時の手指消毒のお願い

◯施術者の定期的な体温計測、手洗い・うがいの徹底と体調管理

◯お客様にコロナウイルスを疑う症状が少しでもある場合はご来店を控えていただく

今後も、政府・神奈川県の情報発信を注視しながら、保健所とも連絡を取って今後の営業について決めていきます。何らかの変更がある場合は、お店のウェブサイト、SNSなどでお知らせいたします。

ご理解、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

一日も早く、平穏な日常が戻りますように…!

皆さまも、くれぐれも体調にお気をつけくださいませ。

 

小牧たすく